激選バトル動画(KIDS)

DANCE@LIVEの中でも毎回すごい盛り上がりを見せるKIDSのジャンルの中で、特にすごかったおすすめのバトル動画をご紹介します。
 
DANCE@LIVE  2008 FINAL
準決勝  MAiKA vs ERY
  
2007〜2008年の第3期に追加されたジャンルのKIDS。この年のFINALから場所が両国国技館に移りました。KIDSのダンスはFINALの場で初めて見たのですが衝撃の一言でした。KIDSダンサーのスキルの高さに驚き、そして興奮しました。この年のFINALで1番盛り上がったバトルはどれか?と聞かれたらどのジャンルよりもKIDSを選ぶでしょう。興奮を通り越し、感動したのを覚えています。
 
実際に生で見た人なら間違いなく感じたはずです。 その興奮の渦の中心にいた人物、それはMAiKAです。
 
今や日本のみならず世界のバトルの大会で結果を出しており、あのJUSTE DEBOUTで中学生タッグで準優勝という快挙も成し遂げています。
そんな彼女が注目を浴びるきっかけとなったのがこのDANCE@LIVEです。元祖スーパーキッズの1人として小さい身体でめいっぱい踊る姿はその場にいた人達の記憶に確実に刻まれました。
 
ここまで説明しておいてあれですが、残念ながら動画は見つかりませんでした。ごめんなさい。
 
DANCE@LIVE  2012 FINAL
準決勝  YUMEKI  vs  地獄
 
 
 
KIDSのレベルがどんどん上がっていく中で、その中でも特に目立つ存在だったのがYUMEKIです。ジャンルはWAACKでメキメキと頭角を現すと、前年度のKIDSで見事優勝を果たし、2連覇をかけて臨んだ今大会。その堂々としたダンスはすでに絶対王者的な貫禄さえ感じる。
 
対するはPOPPERの地獄。その踊りは独創性豊かでスキルフル。観る者に何かやってくれるんじゃないかという期待感を抱かせてくれるほどの完成度の高いダンスが魅力です。ひとつ前のベスト8でMAiKAを破ってのYUMEKI戦とあり勢いに乗ってます。
 
そんな2人のバトルはまずYUMEKI先攻でスタート、YUMEKIの得意なジャンルの曲がかかると、イントロからやべえ、やべえ。大人顔負けの迫力と雰囲気で出てくると、サビで一気に爆発力のあるダンスを見せつけ、歌舞伎の海老蔵にも負けない「どうだ」と言わんばかりの睨みをきかせるムーブで会場は沸きに沸きまくる。
 
その後に踊るのはさぞかし踊りにくかろうと思いきや、挨拶代わりにYUMEKIのダンスを真似て挑発すると、冷静に自分のダンスを見せつける地獄。POPだけでなく、軽やかなHOUSEのステップも踊れるというセンスには脱帽です。スキルの高さを見せつけてくれました。
このバトルを生で観れただけで、ホントに観にきてよかったなと思える1戦でした。もう感動です、ごちそうさまです。
 
1曲目「Relight My Fire」
2曲目「Heartbreaker」
 
実は過去にも対戦している動画を発見
 
 
DANCE@LIVE  2014  FINAL
決勝  YUMEKI vs 優弥
 
 
どんどん新しい実力者が出てくるKIDSの中で、またちっこくてかわいらしいのが出てきたかと思えば、迫力のPOPダンスで国技館を揺らしたのが優弥です。
 
メキメキと頭角を現してきた所属チームの「FORCE ELEMENTS」でも数々のコンテストを優勝した実績の通り、その実力は折り紙つきです。そんな彼が3回目の優勝を狙うYUMEKIと決勝で対戦しました。
 
優弥の2本目のムーブが気合いが乗っていて今日イチのキレを見せ見事に優勝しました。まだ小学生ながら中学生達をなぎ倒しての優勝です。直後の優勝インタビューでもしっかりしたこと喋るなあと関心してしまいました。
 
1曲目「Ain’t No Other Man」
2曲目「??」

 

スポンサーリンク
ダンスの下部広告
ダンスの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加