激選バトル動画(ALL STYLES)

ALL STYLES(旧 FREE STYLE)のバトルについて予選・決勝問わず、印象に残っているバトルや、おすすめのバトル動画をご紹介します。
 
 
DANCE@LIVE 2013  関東
準決勝  KITE vs ATSUKI
 
 
FREESTYLEの中でどのバトルよりも、予選のこのバトルの印象が自分は強く残っています。簡単に説明するならば「個性 vs 個性」です。
 
まずは言わずと知れたエンターテイナーのKITE。DANCE@LIVEにはあまり出場していなかったのですが、久々の登場でかましてくれました。テクニックもさることながら、人を惹きつける力で見るものを魅了します。しかも本職のPOP以外も踊れてしまうセンスはさすがです。
 
対するはB-BOYのATSUKI。R.A.B(リアル秋葉ボーイズ)などのチームに所属し、アニオタでありながらダンサーであることから秋葉系ブレイクダンサーと称されています。そんな彼のムーブは独特で何が飛び出すかわからないワクワク感があります。
 
この日1番の盛り上がりを見せたこのバトル、ダンスはエンターテイメントであることを教えてくれる1戦です。
 
1曲目「Ain’t No Other Man」
2曲目「Make It Bun Dem」
 
 
DANCE@LIVE 2015 FINAL 
準決勝 GUCCHON vs RYOSUKE
 
 
 
こちらは二人のPOPPERによる大人の渋いダンス対決です。関西を代表するPOPPERであるGUCCHONさん。1発勝負の前日予選を優勝し、両国国技館の最後の切符を手にするとベスト8を勝ち上がり、むかえた準決勝で同じくPOPPERのRYOUSUKEさんと対戦しました。
 
DJ HIROKINGの1曲目の選曲はスローでメロウな曲をチョイス。FREESTYLEならではの渋い選曲を大人の色気でクールに踊り切ると、2曲目では変わってアップテンポな選曲。これまたPOPPERっぽくない選曲でまさにFREESTYLE。これを情熱的なサルサステップで見事に踊って見せたGUCCHONさんが勝利しました。
 
POPだけでなくHOUSE系のステップも踏むこともでき、POPPERという枠を通り越して、そのダンス力の高さには脱帽です。
 
1曲目「Slow and Easy」
2曲目「Long Train Running」
 
 
DANCE@LIVE 2014 準々決勝
WAPPER vs SALAH
 
 
WAPPERさんはDANCE@LIVE 2007のBREAKサイドで準優勝の実績があります。しかしBBOYでありながら様々なジャンルを柔軟に踊りこなし、独特のスタイルで音楽を表現するフリースタイルダンサーです。
 
対するSALAHさんはこれがまたすごい経歴の持ち主で「JUST DEBOUT」で2度優勝など、様々なバトルやステージで活躍しているフランス人ダンサーです。
 
完全に音を身体で体現して見せるWAPPERさんに、キャッチーかつトリッキーなムーブで観客を沸かせたSALAHさんの戦いはWAPPERさんの勝利となりました。この二人のバトルが準々決勝だったのが残念ですね。もっとSALAHさんのバトルを見たかったです。また参加してくれるのを楽しみに待ちましょう。
 
DANCE@LIVE 2013 準々決勝
SHUHO vs KITE
 
 
フリースタイルの醍醐味である、ジャンルが違うもの同士の戦いです。HOUSEとPOPを極めた二人が魅せるバトルは必見です。
 
KITEさんはいつ見てもキレキレですが普段以上にキレすぎな動きに注目です。
SHUHOさんは高速ステップだけでなく、HOUSE以外の色々なジャンルも取り入れて昇華したフリースタイルを武器に、音を外さないセンスはさすがの一言です。
スポンサーリンク
ダンスの下部広告
ダンスの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加